取扱業務

取扱業務

民事事件

借金を整理する方法、過払い、借金を整理する場合の不利益、借金を整理する手段について

▶詳細

過払いとは利息の払いすぎです。利息制限法上は15〜20%の利息を取ることしか認められていませんが,ある条件を満たした貸金業者に限っては,約29%まで(日掛け業者の場合は約54%)まで利息を取ることが,貸金業法によって認められていました。

▶詳細

当事務所は交通事故に関する相談は,初回無料とさせていただいています。自動車の任意保険において,弁護士費用特約の契約をされている方は,相談のみならず,実費や着手金,成功報酬も無償でお受けできることが多いため,弁護士費用特約の利用をお勧めしています。その他に,各種保険が適用され,弁護士費用が無償とされる場合があります。

▶詳細

土地や建物(新築・中古)の売買を行ったが,代金が支払われない場合や,不動産の引き渡しを受けられない場合,土地や建物に瑕疵(通常有すべき性状を欠く場合。簡単に言えば,壊れているということです。)が存在する場合等の交渉や訴訟についての相談に乗っています。

▶詳細

賃貸借物件の家賃が支払われない場合,家賃が支払われないために立ち退きを求めたい場合,賃貸借の家賃が近隣相場に比べて高すぎる又は安すぎる場合等の交渉や調停,訴訟についての相談に乗っています

▶詳細

労働問題は,多岐にわたります。雇用契約が解雇によって終了した場合にかかわらず,有給休暇の取得が認められなかった場合,配置転換の命令を受けた場合,減給処分を受けた場合,労務に従事中や通勤途中に事故にあって労働災害の手続きを行いたい場合,パワハラやセクハラのために精神的な苦痛を受けた場合の労働災害の手続きを行いたい場合,事業者の責任と問うこともできます。残業代が支払われない場合は,タイムカード等を持参いただければ,当方で請求額を計算しています。

▶詳細

医療過誤は,多岐にわたります。医療機関の過失(病院などに落ち度があったかどうか)が争点となる事例,損害の項目(慰謝料、手術費用など何を損害として請求するか)や程度が争点となる事例等様々な事例がありますが,協力していただける医師を探すことが不可欠です。主治医の先生にお願いする場合もありますし,遠方の専門医に依頼すべき場合もあります。

▶詳細

業者の訪問を受け,不必要な商品を購入してしまった,電話勧誘を受けて,指示どおりの支払いをしてしまった,訴訟を予告するメールを受け取ったがどのように対応したらいいかわからない,等消費者被害の事例も様々です。

▶詳細

お金を貸し付けたが,返ってこない場合に限らず,交通事故にあった場合,傷害等の刑事事件の被害者になった場合等,金銭トラブルが生じる場面は様々です。

▶詳細

交通事故の加害者になり,示談が成立したが,本当に今後の請求を受けなくて済むのか不安がある場合,離婚することに同意はしたが養育費が確実に支払われるか不安がある場合,会社を経営しているが,不動産の引渡しに関し,さらに物の撤去を求められないか不安がある場合等,将来の紛争が生じる不安が残る場合があります。

▶詳細

家事事件

当事務所は,社会福祉士と協働しながら,緊急性の高い事案にも対応した実績があります。DV等のため一時的な保護が必要な方にシェルター入居を案内したり,一時的な生活保護の受給のため、福祉事務所に相談し一緒に申請に行く(同行申請といいます)こともあります。

▶詳細

認知症や知的障害,精神障害などの理由で判断能力が不十分な方々は,不動産や預貯金といった自分の財産を適切に管理したり,売買契約などの日常生活に必要な契約や,遺産分割協議などの協議を,内容を十分に理解して行うことができません。そのため,詐欺や窃盗などの被害にあって財産を失ってしまったり,施設への入所契約や相続関係解決のための遺産分割協議など必要な手続きをおこなうことができなかったりと,日常生活の様々な場面で支障が生じてしまいます。

▶詳細

成年後見人などに必要なことは,介護から裁判手続きまで極めて多様で複雑です。当事務所では,成年後見制度を支援する多数の専門家で構成されているNPO法人岡山高齢者・障害者支援ネットワークと連携し,また,事務所に3名の社会福祉士が所属している(本部に2名,津山に1名)というメリットを活かして,数多くの成年後見業務に携わっております(2013年6月現在で355件)。

▶詳細

刑事事件

少年が逮捕・勾留された場合、被疑者国選の対象事件であれば、勾留が終わるまでは国選弁護人が付くことになりますが、家庭裁判所に事件が送致されて勾留が終わると、少年の弁護人である少年付添人が国選で選任される事件は一部の重大事件に限られているため、原則弁護人が付きません。そのため、必要であれば、自ら費用を出していただいて私選で少年付添人を選任していただかなければなりません。しかし、勾留後も観護措置といって少年鑑別所に身柄を拘束される場合もあり、少年付添人の活動が必要な場合も多くあります。

▶詳細

その他

当事務所は,社会福祉士と協働しながら,緊急性の高い事案にも対応した実績があります。DV等のため一時的な保護が必要な方にシェルター入居を案内したり,一時的な生活保護の受給のため、福祉事務所に相談し一緒に申請に行く(同行申請といいます)こともあります。 また,当事務所は女性弁護士がいますので,相談の際に女性弁護士を希望する旨おっしゃっていただければ,可能な限り,女性弁護士が相談に対応するようにしております。

▶詳細

認知症や知的障害,精神障害などの理由で判断能力が不十分な方々は,不動産や預貯金といった自分の財産を適切に管理したり,売買契約などの日常生活に必要な契約や,遺産分割協議などの協議を,内容を十分に理解して行うことができません。そのため,詐欺や窃盗などの被害にあって財産を失ってしまったり,施設への入所契約や相続関係解決のための遺産分割協議など必要な手続きをおこなうことができなかったりと,日常生活の様々な場面で支障が生じてしまいます。

▶詳細

子どもが学校でいじめにあったり,登下校中又は授業中,クラブ活動中等に怪我をした場合,性的被害にあった場合に対応等の相談を受け付けています。子どもが友人に怪我をさせてしまった場合の対応も行っています。

▶詳細

地方に行くほど、シャッター通りや空き家が目立ちます。地域を維持し、発展していくためには、地域に仕事があることが必要です。そして、地域に仕事があるためには、中小企業・個人事業者・NPO等の従来の事業の継続や、新規事業の創造が不可欠です。

▶詳細

岡山県は,全国でも多数の震災被災者を受け入れている県です。当事務所も,岡山弁護士会が中心となる震災被害者対応弁護団に加入し,相談にも応じています。遠方の地に来て,経済的に困窮している方,精神的に追い詰められている方,離婚問題を抱えている方等の相談に応じています。

▶詳細

毎月の収入が一定水準以下であり,かつ,資産が一定水準以下の方は,生活保護の受給を申請することができます。法律問題を抱え,これまでの生活から逃げ出してきた方等において,生活保護を受給することが不可欠であるにも関わらず,適切に利用されていない事案が散見されます。年金受給だけでは,最低生活を維持するのに十分ではない方は,生活保護によって,不足分の援助を受けることもできます。自動車の保有が認められながら,生活保護を受給できた事例もあります。

▶詳細

固定資産税や相続税,贈与税,不動産取得税等,法律問題に関係して税金の支払いが問題となる事例が存在します。税理士が対応すべき事例であれば,協力関係のある税理士を紹介する等の手続きを行います。

▶詳細

認知症や知的障害,精神障害などの理由で判断能力が不十分な方々は,不動産や預貯金といった自分の財産を適切に管理したり,売買契約などの日常生活に必要な契約や,遺産分割協議などの協議を,内容を十分に理解して行うことができません。そのため,詐欺や窃盗などの被害にあって財産を失ってしまったり,施設への入所契約や相続関係解決のための遺産分割協議など必要な手続きをおこなうことができなかったりと,日常生活の様々な場面で支障が生じてしまいます。

▶詳細