消費者被害

消費者被害

 業者の訪問を受け,不必要な商品を購入してしまった,電話勧誘を受けて,指示どおりの支払いをしてしまった,訴訟を予告するメールを受け取ったがどのように対応したらいいかわからない,等消費者被害の事例も様々です。
 弁護士が通知書を送付するだけで解決する事例もありますし,訴訟を提起することが必要な事例も存在します。
 当事務所は,地域の消費生活センターと定期的に勉強会を開催するなどにて,消費者被害及び消費者被害に関する行政対応,訴訟傾向等の調査を行い,最新の情報に留意しています。