岡山パブリック法律事務所 – 玉野支所座談会
【やわらかスタッフ座談会第5弾「玉野支所座談会」】
広報より。

今年度より,ホームページトップに「やわらかスタッフ座談会」と称する企画を展開しています。本日は,第5弾として,「玉野支所座談会」の紹介です。
法律事務所の敷居が高いのならば,もっとこの事務所を知ってもらうため,岡山パブリック法律事務所からの情報発信に積極的に「動こう」という方針の一環です。

当事務所は,岡山市内に所在する本部の外,3か所に支所を設置しており,地域のニーズに応えることを目標としています。その中で最も若い(といっても,開設から5年以上経過)の業務について語っていただきました。

インタビュー項目は,以下の5つを中心にしました。
(1) 玉野支所開設の経緯を教えて下さい。
(2) 玉野支所の概要を教えて下さい。
(3) 玉野支所における事件の取扱い状況(特に,後見事件)を説明してください。
(4) NPOや行政機関との協働関係を教えて下さい。
(5) 玉野支所が求める人材とは,どんな人ですか?

以下は,抜粋です。
続きは,こちらから!!!

http://ift.tt/2avu2VJ

PT:玉野支所としては…,今後も相談件数とか増えていくと思うんですけれども,どんな方向性というか,どういう風に相談件数や業務を充実させていきたい,と考えていますか。
I:そうですね,今はクレサラとか家事…遺言・相続・離婚とか後見もそうですし,交通事故とか,いろいろ増えているんですけど…,労働関係は全然ないんです。労働関係で困っている人々は,もしかしたら岡山に流れていっちゃっているのかなぁと。そういった人たちの,相談して依頼を受けてっていうことも広げていきたいなぁという思いはあります。

PT:離婚,労働,交通事故とか,そういう典型的な事件は当然こなしていくんだけれども,労働関係に注力してもっと広報していきたいというところですかね。
I:案件が少ないので,岡山に流れている。わざわざ岡山に行かなくてもいいのに,この事務所のことを知らないで岡山まで行っているっていう人はかなりあるので,その辺のケアじゃないですけど。

PT:工藤さんは?(今後の業務について)どう思いますか。どういう風に広く深く。
K:労働問題であれば,社会保険労務士の資格も持っているので,一緒に相談に乗れればいいなぁと思っておりますけど。
I:(工藤さんは)社会保険労務士の資格もダブルで持っていますもんね。そこも強みですね。社労士もいるっていう。労働問題年金問題のエキスパート。

PT:それ,僕も相談したいです(笑)
K:障害年金勉強してます!

PT:社会保険労務士がいる事務所というのも,まあそれほど多くないですよね。津山にはありますけど。強みとして売り出していきたいですね。

岡山パブリック法律事務所 – 玉野支所座談会

Facebookより


Facebook
About the Author :

Comments are closed.