岡山パブリック法律事務所成年後見センター

法人後見センター業務概要

財産管理

就任時
弊所が家庭裁判所から後見人等に選任されたら,本人の通帳等,財産関係の書類をお預かりし,後見人等の設定をします。必要な書類を整え,銀行に申し出て,口座に後見人等の設定をすると,「〇〇様成年後見人弁護士法人岡山パブリック法律事務所代表社員▲▲」という名義の通帳になり,ご本人単独では引き出しできなくなります。
日常の支払等
病院の支払,施設利用料等の支払は,病院・施設から弊所宛に請求書を発行してもらいます。事務員が確認して,その請求書の内容に問題がなければ,後見人等の設定をした銀行口座から振り込みにて支払います。
非日常的な支払については,弁護士がその必要性や金額の妥当性を判断して支払います。
このような金銭の出納は,口座の通帳に記録されるほか,事務所内の会計ソフトにも入力し,複数の職員で出納の過程をチェックしています。
報告書提出時
少なくとも年1回,裁判所に財産管理の報告書を提出する必要があります。報告書の内容は事務員が原案を作成し,管理部事務員がその内容を通帳や会計ソフトの内容と齟齬がないか確認します。弁護士と社会福祉士がその内容を確認したら,裁判所に提出します。
終了時
被後見人等がお亡くなりになるなどして後見業務が終了する際は,裁判所に終了報告書を提出して,残された財産を報告します。その後,相続人の代表者の方にその財産を引き渡します。

身上監護

就任後
・ケア会議の実施依頼
・支援の方向性について関係者と協議
日常業務
・定期訪問・面会
・ケア会議参加
・支援について関係者と随時協議・見直し
・入院・施設入所等手続き
・病状等の確認(医師による説明)
・必要があれば親族に連絡

死後事務
・親族などへの連絡
・(葬儀の手配)

成年後見制度とは、認知症の方、知的障害のある方、精神障害のある方など判断能力の不十分な方々を保護し支援する制度です。

▶詳細

当所の後見センターは、全国トップクラスの実績を持ち、“司法と福祉の恊働”を強みとして法人後見に取組んでいます。

▶詳細

成年後見人等は、可能な限り本人の意思を尊重しつつ、本人の財産の管理と身上監護を行います。

▶詳細

成年後見申し立ての際に必要な手続きや書類、費用等について早見表を用いて解説します。

▶詳細

成年後見制度についてよくある質問をFAQ形式を用いて解説しています。

▶詳細

岡山パブリック法律事務所
About the Author :

代表電話:086-231-1141 050-3385-6018

Related News

Comments are closed.