春,そして別離

春です!
今日の津山はとても暖かく,
洗濯物を干しにお昼休みに自宅へ帰った際,あまりのお天気に,久しぶりに布団を干しました。
寒がり冷え性の私には冬はとても辛く,春そして夏の到来は何よりも嬉しいです。
この冬,どんなに湯たんぽさんに助けられたことでしょう。
お布団に入った時のあのじんわりとしたぬくもり。
人肌寂しい時期もまるで恋人が先に寝ているかのような優しさ。
これなら一年中冬でもやっていけるかもしれない。
そう思って,愛用していました。
一度目の低温やけど。
よもや低温やけどとは思わず,虫刺されと考え,薬を塗るも一向に治らない。
よほど悪い虫なのだろう,部屋中を念入りに掃除しました。
二度目の低温やけど。
1度目の虫刺されと妙に症状が似ている。
シャワーを浴びればさらに患部が悪化。
私をストークする虫でもいるのかと,本気で考え始めかけたところで湯たんぽさんが目に入る。
ああ
あなたですか
ひどく悲しいけれど,かちり,と何かが合う瞬間。
恋人に裏切られたかのような胸の痛み。
業務中も,電車の中でも,人目につかないよう必死に冷やす。早く治して,とにかく忘れたい。
毎日,傷口に絆創膏を貼るも,周囲がかぶれて患部拡大。
それでも
先日の,雪の降った晩。
あの日のことは忘れてもう一度やりなおそう。
お湯を沸かして湯たんぽさんを設置し,あのぬくもりと共に就寝。
低温やけどが怖くてねむれない。
ありがとう,あなたのぬくもりはきっと忘れません。


About the Author :

所属:津山支所

1 Comment to “春,そして別離”
  • ryo
    2012年3月29日 - 返信

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    カイロに書かれている
    「低温やけど注意」は関西弁じゃありません。
    そんなに親しげでもありません。
    多分どの地域でもそう書かれています。
    不覚にも大爆笑してしまった。

Leave a reply