岡山大学内支所の所属弁護士

吉川拓威

吉川拓威
私は,平成18年から平成19年にかけて,約1年間,岡山パブリックで勤務した後,法テラスのスタッフ弁護士として,司法過疎地である鹿児島県の指宿に赴任しました。
その後,スタッフ弁護士としての任期満了後の平成22年10月から,再び,岡山パブリックで仕事をさせていただくことになりました。
過疎地では,刑事事件,借金問題,家事事件(離婚,相続)等ありましたが,その経験を生かし,さらに,真摯に一つ一つの事件に取り組んでいきたいと思っています。

[ 参加座談会 ]
離婚相談座談会

吉岡康祐


平成29年1月から、みどり法律事務所から岡山パブリックに移籍しました。42期、弁護士になって26年。今年は年男(還暦)。4月からは、岡パブに在籍しながら、日本弁護士連合会副会長として、一年間東京で日弁連の仕事をする予定です。したがって、岡パブにて通常の弁護士業務に専念できるのは平成30年4月以降になります。
私は、「憲法を愛する自由主義者であり続けたい」と思いながら、これまで弁護士をしてきました。しかし、その憲法が近年ないがしろにされています。私の愛すべき日本国憲法が、改憲勢力によって改悪されないように、残りの弁護士人生をかけたいと思っています。

岡山大学内支所のページに戻る  弁護士・スタッフ紹介のページに戻る